東方パートナーシップ ウクライナ、ジョージア、モルドバ3国、EUに今後の展望につき書簡

東方パートナーシップ ウクライナ、ジョージア、モルドバ3国、EUに今後の展望につき書簡

ウクルインフォルム
東方パートナーシップ(EaP)に参加するウクライナ、ジョージア、モルドバ3国の外相は2日、ボレル欧州連合(EU)外交安全保障上級代表やEU加盟各国外相に対して、EaPの戦略的発展の見解について共同で書簡を送付した。

ウクライナ外務省広報室が伝えた

ドミトロー・クレーバ・ウクライナ外相、ダヴィト・ザルカリアニ・ジョージア外相、アウレリウ・チョコイ・モルドバ外相は、東方パートナーシップ(EaP)は、3国の欧州願望を然るべく考慮して、3国のEU統合を深化させるための野心的アプローチを取るべきだと主張している。

共同書簡には、「パートナー国の欧州的発展ベクトルに最も関心を持ち、コミットしている国々のために協力の新しい地平線を開くことは、それらの国とEUの政治的、経済的、セクター別の接近を促進することになる。EaPを参加国の新しい現実と必要に適用させることは、そのイニシアティブの変貌能力強化と、地域の安定のために不可欠である」と書かれている。

ウクライナ、ジョージア、モルドバの3国は、EU内市場への統合、輸送、エネルギー、デジタル市場、グリーン経済、保健、安全保障協力強化といったEaP内の自らの優先課題を強調した。

3外相は、2021年のEaP首脳会談へ向けた準備調整を強化し、課題と目的の新しいパッケージを作成する意向を示した。

3外相はまた、ウクライナ、ジョージア、モルドバの差異化アプローチ(編集注:EaPのその他の参加国(ベラルーシ、アゼルバイジャン、アルメニア)に対してとは異なるアプローチを取ること)は、EaPの価値と包括性へのコミットメントや、参加全6国や地域全体にとってのイニシアティブの重要な戦略的意義を否定するものではないと指摘した。

書簡には、3国の欧州統合う路線における成功がその他の東方パートナー国にとっての指標となると強調した。

写真:EU


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-