野党生活党、親露TV局制裁受け大統領弾劾手続きを主導すると発表 TVはオンラインで放送継続

野党生活党、親露TV局制裁受け大統領弾劾手続きを主導すると発表 TVはオンラインで放送継続

ウクルインフォルム
親露政党「野党生活党」は、同党議会会派のタラス・コザーク議員と同議員所有のテレビ局に制裁が科されたことを受け、臨時党大会を開催する。

3日、ヴィクトル・メドヴェチューク最高会議野党生活党議員(編集注:プーチン露大統領の宗教上の親戚)が最高会議にて記者団に対して発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

メドヴェチューク氏は、「私たちは夜中、臨時党大会を開催する決定を下した。私たちは、集団運営をする戦略理事会が夜と朝、提案を作成した。私たちは、それを党大会に提出する。今日は、それを会派で議論した。もちろん、私たちは、何をするかを隠さない。しかし、あなた方は、党大会が決定を採択した時に知ることになるだろう」と発言した。同時に同氏は、同党は大統領の弾劾を主導していくと発言した。

また、今回制裁対象となった112ウクライナ局は、ウェブサイト上で、制裁によりテレビ放送ができなくなってからは、ユーチューブ上で放送を続けていると発表した

なお、2月2日の国家安全保障国防会議(NSDC)の制裁発動以降、対象となったテレビ局のチャンネルでは、テレビ放送が視聴できなくなっている。

これに先立ち、2日、ゼレンシキー大統領は、NSDCの2月2日付決定を発効させる形で、ロシア連邦のプーチン大統領の宗教上の親族であるヴィクトル・メドヴェチューク最高会議議員に近いタラス・コザーク同議員と、コザーク議員所有のテレビ局である112ウクライナ局、ニューズワン局、ジク局に制裁を科していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-