「クリミアは『併合』されたのではなく占領下」 ウクライナ外務省が英BBCの誤りを指摘

「クリミアは『併合』されたのではなく占領下」 ウクライナ外務省が英BBCの誤りを指摘

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は、英BBCロシア語版が、被占領下ウクライナ領クリミアのセヴァストーポリ市とシンフェローポリ市を「ロシアに併合された」と記述したことにつき、「併合」ではなく、占領下であるとコメントした。

ウクライナ外務省のオレフ・ニコレンコ報道官がツイッター・アカウントにてBBCの地図についてコメントした

ニコレンコ報道官は、「BBCよ、ロシアの誤った言説を推進しないで欲しい。セヴァストーポリとシンフェローポリは、ロシアの都市には決してなっていない。クリミアは、併合されているのではなく、占領されているのだ。国際法は重要である。クリミアはウクライナである」と指摘した。

これに先立ち、BBCロシア語版は、23日にロシア連邦全土で行われたロシア野党政治家ナワリヌイ氏支持集会の発生した都市を示す地図を公開していた。その際、BBCの地図には、「ロシアは、2014年にセヴァストーポリ市とシンフェローポリ市を併合した」と記述されていた。

なお、ウクライナ一時的被占領地再統合問題省は、クリミアとセヴァストーポリを『併合された』と呼ぶことができるのはロシア連邦だけであり、国際法に基づいた正しい表現は「一時的被占領地」であると説明している。同省は、同時に「併合が試みられている」と表現することも可能だが、行為の完了を意味する「併合されている」は誤りだと指摘している。クリミアの地位が併合ではなく占領であるとする根拠は、ロシア連邦をウクライナ領クリミアの占領国と定めている国連総会クリミア人権決議であり、同決議により、ロシアには、1949年8月12日付ジュネーブ第四条約が定める占領国の義務が発生している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-