【ウクライナ対ロシア】クレーバ外相、欧州人権裁判所のクリミア関連の決定を説明

【ウクライナ対ロシア】クレーバ外相、欧州人権裁判所のクリミア関連の決定を説明

ウクルインフォルム
欧州人権裁判所がウクライナ対ロシア事件(クリミア関連)を受け入れる決定をしたことは、ロシアにウクライナ侵略の法的責任を負わせる道における重要な前進である。

ドミトロー・クレーバ外相がオンライン記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クレーバ外相は、「それはウクライナの勝利である。それは、ロシアにウクライナ侵略の法的責任を負わせる道における重要な前進である。そして、一歩一歩の前進により、その責任の代償が大きくなるのだ。ウクライナの司法面の行動全体が、つまり、欧州人権裁判所だけでなく、国際海洋裁判所や国際司法裁判所で進んでいるプロセスも含め、その全てが、ロシアの侵略が開始した2014年からウクライナ世界に対して証明してきた真実を一歩一歩認めていき、ロシア連邦がそれについて拡散してきたプロパガンダと偽情報を否定していくことになると、私は完全に確信している」と発言した。

これに先立ち、14日、欧州人権裁判所は、クリミアに関する「ウクライナ対ロシア連邦」事件を受け入れられるものと認め、内容面の審理へ移行していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-