独仏宇露4国首脳補佐官がベルリンで協議

独仏宇露4国首脳補佐官がベルリンで協議

ウクルインフォルム
12日、ベルリンにて、ノルマンディ4国(独仏宇露)の首脳補佐官が協議を行った。

会談後、アンドリー・イェルマーク・ウクライナ大統領府長官が記者会見を行った。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

イェルマーク氏は、「私たちの目的は不変であり、原則的である。私たちは、常に、非常に原則的に情勢解決、戦争終結におけるウクライナの利益を防衛している」と発言し、ウクライナの目的は、「戦争終結、私たちの領土全ての返還、私たちの人々全ての帰還だ」と強調した。

同氏はまた、ノルマンディ4国の首脳会談は必ず行われると確信しているとしつつ、同時に、いつ開催されるかは予想できないと述べた。また、ロシア側代表者たちが首脳会談を行うための根拠はないと述べていることには、イェルマーク氏はコメントしなかった。同氏は、「現在、首脳のみが終止符を打て、原則的問題につき合意できるのであり、彼らにはそのための権限があり、それは皆が認めている」と発言した。

同氏は、協議は継続していると述べ、来週も首脳補佐官級協議がビデオ会議形式で開催されると発言した。

また同氏は、「戦争、人々の生活について話される際、協議は容易とはなり得ない」と述べつつ、政権は報道機関と社会に協議の経過を透明に伝えていくと発言した。

なお、今回のノルマンディ首脳補佐官級会談は、2019年12月の4国首脳首脳会談後、5回目のものとなる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-