「米国の民主主義はこの挑戦を克服すると確信」=クレーバ外相

「米国の民主主義はこの挑戦を克服すると確信」=クレーバ外相

ウクルインフォルム
ドミトロー・クレーバ・ウクライナ外相は、6日米国にて、トランプ支持者が議会においてバイデン氏の大統領選挙確定の投票を妨害した出来事について、懸念を表明した。

クレーバ外相がツイッター・アカウントにて見解を表明した

クレーバ外相は、「ワシントンでの出来事を懸念しつつも、私は、米国の民主主義がこの挑戦を克服すると確信している。法の支配と民主的手続きは、可能な限り速やかに回復される必要がある。それは、米国のみならず、ウクライナ、そして、民主的世界全体にとっても重要である」とコメントした。

なお、6日、米ワシントンでは、トランプ氏の支持者が抗議を開始し、その後警察と衝突。一部抗議者が米議会の建物に侵入し、米大統領選挙の結果の確定手続きを中断させていた。

その後、7日、米議会は、ジョー・バイデン氏の大統領選挙での勝利を確定させている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-