クレーバ外相、サンドゥ・モルドバ次期大統領と会談 「ウクライナは新しいページを開く準備あり」

クレーバ外相、サンドゥ・モルドバ次期大統領と会談 「ウクライナは新しいページを開く準備あり」

写真
ウクルインフォルム
サンドゥ・モルドバ次期大統領は、就任後の最初の外遊先はウクライナにするつもりである。

10日、モルドバを訪問したクレーバ外相が同国のサンドゥ次期大統領との会談時に発言した。ウクライナ外務省広報室が会談結果を公表した

発表によれば、クレーバ外相は、「ウクライナは、モルドバにおける自由で民主的な大統領選挙が成功裏に実施されたことを歓迎している。同選挙は、モルドバ国民の欧州選択を明確に示した。私たちは、ウクライナ・モルドバ関係の質的に新しいページを開く準備がある」と発言した。

外相は、サンドゥ氏の選挙での勝利を祝福し、ゼレンシキー大統領からのウクライナへの招待を伝えた。

サンドゥ氏は、招待を受け、大統領に就任時の最初の外遊先はウクライナとすると発言した。

クレーバ外相は、ロシア連邦によるウクライナ領クリミアの侵略と占領を非難するというサンドゥ氏の一貫した明確な立場、ウクライナの国際的に認められた国境内の領土一体性への支持につき、謝意を伝えた。外相は、サンドゥ氏に対して、クリミア・プラットフォームの活動への参加を提案した。

外相は、「私たちもまた、トランスニストリア情勢解決プロセスにおいてモルドバの領土一体性を今後も支持していくし、ロシア軍のトランスニストリア地域からの撤退を共同で主張していく」と強調した。

発表には、クレーバ外相は、モルドバ訪問時に、チョコイ外務・欧州統合相、プシクチャ副首相、グレチャニ国会議長とも会談したと書かれている。

クレーバ外相は、12月9、10日にモルドバを実務訪問していた。

写真:外務省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-