1月の防疫措置強化で感染件数半減を予想=保健省

1月の防疫措置強化で感染件数半減を予想=保健省

ウクルインフォルム
ウクライナ保健省は、1月に実施を予定している新型コロナウイルス感染対策の強化防疫措置にて、1日の国内感染件数を50%削減できることを期待している。

10日、ステパノウ保健相が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ステパノウ氏は、「数理モデルにもとづいた感染者数増加の予想では、激しいテンポではなくなることが期待できる。また、新年の祝賀にて、爆発的感染、増加があるだろう。もう一つの要素は、1月末から、インフルエンザ感染者も増え、これもまた医療システムに負荷を加え、この感染症も肺炎を含む困難をもたらすことになる。これらの要因すべてが、1月8日から24日までの期間に追加的防疫措置を導入することにつながったのだ。(中略)私たちは、40〜50%の感染件数の減少を見込んでいる」と発言した。

また同氏は、12月9日の閣議にて、全国の通常の防疫措置が2月28日まで延期され、その内、1月8日から1月24日までが強化防疫措置となることが決定されたと説明した。

同閣議決定では、1月1日から飲食店の営業は、23時まで許可される(現在は22時閉店)とし、大晦日と年越しの夜は、深夜1時まで営業が認められるとのこと。

そして、1月7日のクリスマス後となる、1月8日0時0分から1月25日までは強化防疫措置施行期間となる。制限により、飲食店の営業は、宅配と持ち帰りのみ許可される。また、娯楽施設や、生活用品店、文化施設の営業は禁止され、大型文化行事の開催も制限される。

スポーツジム、フィットネスクラブ、プールの営業も禁止される。森林スキー施設は営業可能だが、飲食店部分の営業とアルコールの販売は認められない。

新年ツリーの設置は可能だが、併設コンサートは許可されない。スポーツイベントは、無観客開催となる。幼稚園を除く教育施設への通学は停止される。

市内交通機関、都市間交通機関の運行は継続される。

食料品店、薬局、医療目的製品販売店、衛生用品、通信機器、動物用用品店の営業は認められる。その他の製品の販売は、宅配形態でのみ営業可能となる。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-