ウクライナ政府、強化防疫措置を来年1月8日から24日までの施行を決定

ウクライナ政府、強化防疫措置を来年1月8日から24日までの施行を決定

更新
ウクルインフォルム
閣僚会議(内閣)は9日、ウクライナ国内の強化防疫措置を来年1月8日から24日まで施行することを確定した。

デニス・シュミハリ首相が同日の閣議の際に発言した。

首相は、「ウクライナでは、来年1月8日から24日かけて、強化防疫制限が行われる。私たちはそれを安全のための『冬季休暇』と呼ぶ。それは、新しい感染の大きな波を起こさないようにするためだ」と発言した。

首相はまた、今回の強化防疫措置では、幼稚園を除く、すべての教育機関が閉鎖され、あらゆる娯楽、宣伝、スポーツ、文化関連の大型行事の実施が禁止されると説明した。

首相によれば、映画館、劇場、大型空間での市民食事施設の営業も止められる。カフェ、バー、レストランなどは、持ち帰りでの営業が許可される(施設内飲食は禁止)。美容室、スポーツジム、フィットネスセンターの営業は禁止される。

市場は、食料品用、生活用品用ともに営業が止められる。歴史文化保存地区を除く文化施設、音声映像関連分野の業務を除く文化大規模行事も禁止対象となる。

市民交通機関は、感染危機度が「橙」区分と定められている地域では、運行を続けるとのこと。

なお、ウクライナでは、3月中旬から約2か月にわたり、厳格な防疫措置が施行されていた。同措置は、5月11日に一部解除され、各地域の感染確認件数に応じて措置内容を変える「適合防疫措置」に移行していた。

その後、11月11日、感染件数が全国で急速に増加し始めると、政府は、適合防疫措置をやめ、全国一律で防疫措置を導入する体制に戻し、11月後半は、週末限定の強化防疫措置を導入していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-