米下院、国防権限法案を可決 ウクライナ支援や新ガスパイプライン制裁含む

米下院、国防権限法案を可決 ウクライナ支援や新ガスパイプライン制裁含む

ウクルインフォルム
米下院は8日、2021年会計年度の国防予算を定める国防権限法案を可決した。同法案は、ドイツ・ロシア間で建設中の天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」への新しい制裁や、ウクライナの安全保障分野への支援も定めるもの。

下院議員335名が賛成、78名が反対した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

国防予算内には、2億5000万ドル相当の対ウクライナ軍事支援が含まれている。同国の安全保障分野とウクライナ軍支援を対象としたもの。

加えて、同法案は、ロシア連邦からの安全保障上の挑戦への対抗措置パッケージを含んでおり、その中には、現在建設中の独露間新ガスパイプライン「ノルド・ストリーム2」に対する制裁も入っている。

予算総額は、7410億ドル。この内6355億ドルが国防省向けの予算となり、その他、266億ドルがエネルギー省による国家安全保障分野のプログラム実現、690億ドルが国外オペレーションの実施費用にあてられる。

同法案は、今後上院で投票にかけられる。

同時に、トランプ大統領は、同法案がコミュニケーション分野倫理法の無効化を定めていないため、拒否権を発動すると公言している。

他方で、今回の下院における同法案投票時の賛成票は、大統領が拒否権を発動した場合も、同決定をくつがえすことのできる数となっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-