ウクライナはハンガリーと政治的に闘うつもりはない=外相

ウクライナはハンガリーと政治的に闘うつもりはない=外相

ウクルインフォルム
ウクライナは、ハンガリーとの間で政治的に闘うつもりはない。しかし、ハンガリーは、ウクライナの法律と国益を尊重しなければならない。

ドミトロー・クレーバ外相がRBCウクライナ通信へのインタビュー時に発言した

クレーバ外相は、自身は外相として、三つの理由からハンガリーとの間の問題を解決しようと努めていると発言した。

外相は、「第一に、同国は中欧における重要な隣国であることだ。私たちもその空間の一部であり、隣国とは良い関係を持つべきである。第二に、同国は北大西洋条約機構(NATO)加盟国であることだ。私たちは、欧州大西洋統合の文脈でハンガリーと適当な連携をしたいと思っている。第三には、同国は欧州連合(EU)加盟国であることであり、同国の立場は私たちにとって重要であるからだ」と発言した。

同時に外相は、現状の問題解決と両国の将来を築くには、二つの条件を満たす必要があるとし、それは両国が互いの国の法律と国益を尊重することだと指摘した。

外相は、「誰もハンガリーと政治的に闘おうとは思っていない。しかし、ハンガリーもまた、私たちの国内法と国益を尊重しなければならない」と強調した。

これに先立ち、10月25日にシーヤールトー・ハンガリー外相がウクライナの地方選挙当日に、ザカルパッチャ州のハンガリー系政党を支持する扇動メッセージを公開したことを受け、ウクライナ政府がハンガリー政権高官2名のウクライナへの入国を禁止したと発表し、ウクライナとハンガリーの関係が緊張していた。

シーヤールトー・ハンガリー外相は、本件に際し、ウクライナは自らの欧州大西洋統合におけるハンガリーの支持を拒否したことになる、と発言している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-