ウクライナに新型コロナ・ワクチンが入ってくるのは2021年中頃と期待=保健相

ウクライナに新型コロナ・ワクチンが入ってくるのは2021年中頃と期待=保健相

ウクルインフォルム
ウクライナは、新型コロナウイルス・ワクチンが2021年上半期終わり、下半期はじめ頃には得られることを期待している。

4日、ステパノウ保健相が最高会議(国会)本会議の閣僚への質問の時間に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ステパノウ氏は、「ウクライナは、グローバル・イニシアティブCOVAXにて約800万のワクチンを入手する。12月7日にまでに関連文書へ署名する。私は、(入手の)時期は(2021年)上半期終わり、下半期はじめとなると思っている」と発言した。

同氏はまた、Pfizerはじめ、ワクチンの第3段階治験を終えた世界の製造会社との合意は最終段階にあると述べ、これも来年下半期はじめに受け取り始めることを期待していると述べた。

加えて同氏は、ロシアの「スプートニクV」に関しては、第3段階治験が終わらない限りは購入しないと発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-