週末限定防疫措置はコロナ拡散を抑制した=保健省

週末限定防疫措置はコロナ拡散を抑制した=保健省

ウクルインフォルム
11月後半に導入された週末限定の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の強化防疫措置は、新規感染件数の増加を抑制することができた。

4日、ステパノウ保健相が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ステパノウ保健相は、「週末防疫措置は、激しいコロナ感染拡散を止める目的で導入されていた。激しい拡大をだ。どのぐらい増加していたかを思い出してほしい。私たちが期待していた効果の最大値は、新規感染件数の20%低減である。そしておそらく、私たちは最大限の数値は得られなかった。しかし、増加傾向を止めるという効果は得られた」と説明した。

同氏は、週末限定の防疫措置には効果があったとし、今週のCOVID-19新規感染確認件数を見ると、先週からの低下が見られると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-