ウクライナ国会解散・総選挙は検討されていない=大統領府副長官

ウクライナ国会解散・総選挙は検討されていない=大統領府副長官

ウクルインフォルム
ウクライナ最高会議(国会)の解散・総選挙は、検討されていない。

キリロ・ティモシェンコ大統領府副長官がテレビ・インタビュー時に発言した

ティモシェンコ副長官は、「選挙が例えば春にあるかという質問だが、その質問は、私が目にしている範囲では、全く議題にないものである」と発言した。

同氏はまた、「議会に生じている客観的な問題はある。誰もが、その問題は業務上のものであることは理解しているのだが、しかし、私たちはその問題をなんとか解決し、会派、特に(与党)人民奉仕者党会派の団結をまとめようとしている」と述べた。

同時に、同氏は、複数政党が地方選挙が終わっても選挙本部を解散しないでいることを指摘し、それは国にとって良くない、社会の不安定化に繋がるものだと指摘した。

同氏は、「事態はシンプルだ。国民が大統領を選び、国民が最高会議を選んだのであり、それは民の決定である。そして現在、他勢力がその民の決定を無効化するために行動しているわけだ。毎日毎日、その行動は大きくなっており、それは議会選挙の日を近づけるため、連立与党が必要だと述べるために行われている」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-