ウクライナ国境警備庁、露RTのカメラマンの入国を不許可

ウクライナ国境警備庁、露RTのカメラマンの入国を不許可

写真
ウクルインフォルム
国境警備庁は、被占領下クリミアへの違法入域を根拠に、ロシア国営RT局のカメラマンのウクライナ入国を認めなかった。

ウクライナ国境警備庁広報室が伝えた

発表には、「1971年生まれロシア連邦国民は、自動車にてウクライナ側へと向かっていた。同人物は、国境通過のためにオデーサ州の『クチュルハン』通過検問地点を選んだ。同人物は、モルドバからロシアへのトランジットをする予定だと発言した」と書かれている。

しかし、パスポートコントロールにて、同ロシア国籍者についてデータベースを参照した際に、同人物がこれまで被占領下クリミアに違法に入域したことがあるとの過去の情報が見つかったという。

追加的調査の際に、クリミア占領期に、同人物は、ロシア連邦領から航空機にて同地に入域していることが判明したとのこと。同人物は、クリミアにてRT局のための動画撮影をしていたという。

国境警備庁は、ウクライナ領一時的被占領地出入域手続き違反を受け、同人物のウクライナ国境越境を拒否し、今後3年間のウクライナ入国を禁じたと発表した。

なお、ウクルインフォルムは、関係者の情報から、同人物は、9月12日にベラルーシ首都ミンスクの女性の行進の際にベラルーシの記者を襲撃した人物であることを判明させた。ベラルーシのニュースサイトReform.byによれば、同男性の名前は、イーゴリ・ザビデイ


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-