ウクライナ、独占禁止政策関連のCIS協定から離脱

ウクライナ、独占禁止政策関連のCIS協定から離脱

ウクルインフォルム
ウクライナは11月26日、独立国家共同体(CIS)メンバー国で合意された独立禁止政策協定から離脱した。

ゼレンシキー大統領により署名された同協定離脱法が11月25日に官報「ウクライナの声」に掲載された

同法によれば、ウクライナが離脱したのは、2000年1月25日にモスクワでCISメンバー国により署名され、2003年1月16日にウクライナ最高会議が批准した「合意された独占禁止政策の実施に関する協定」だとのこと。

同協定は、情報交換メカニズムを含むものであるため、CIS諸国が、ウクライナに対して貿易・経済圧力をかけることを目的に、同メカニズムをつういて獲得した情報を利用するリスクが存在していたと説明されている。

その上で、今回の離脱は、ウクライナの経済利益を保護し、経済関連情報の国家間交換を要求するメカニズムを排除することになると書かれている。

これに先立ち、2020年11月5日、最高会議が同離脱法を採択し、その後11月23日にゼレンシキー大統領が同法に署名していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-