露はウクライナのドンバス情勢解決案を支持せず=三者グループ宇代表団

露はウクライナのドンバス情勢解決案を支持せず=三者グループ宇代表団

ウクルインフォルム
三者コンタクト・グループ(TCG)政治問題作業部会のアレクセイ・ドミトリエフスキー・ロシア連邦代表は、24日のビデオ会合の際、ウクライナの提案ではなく、ロシア武装集団の提案を支持すると発表した。

TCGウクライナ代表団がフェイスブック・アカウントにて発表した

発表によれば、同日のTCG政治問題作業部会会合では、レオニード・クラウチュークTCGウクライナ代表の提案した「共同行動計画」(通称「クラウチューク・プラン」)が議論されたと書かれている。

TCGウクライナ代表団は、「政治問題作業部会会合では、センセーショナルな傾向のニュースがある。アレクセイ・ドミトリエフスキー・ロシア連邦代表が、ロシア連邦は一時的非ウクライナ政府管理地域に住むドネツィク・ルハンシク両州一部地域(CADLO)代表者が提案した行動計画を支持すると発言したのだ。ウクライナ代表団は、ロシア側に対して、明日(25日)のTCG本会合までに同発言を書面で確認するよう要請した。現在彼らの回答を待っているところだ」と伝えた。

その他、同日は、人道問題作業部会では被拘束者交換時の通過検問地点「シチャースチャ」「ゾロテー」業務の技術面での保障問題の議論が続けられたとのこと。

また、同日、TCGウクライナ代表団顧問のオレクシー・アレストヴィチ氏は、ウクライナ24局出演時に、ロシアによる武装集団提案支持についてコメントした。

アレストロヴィチ氏は、「私にとって、それ(ロシアが武装集団提案を支持したこと)は、ロシアが実質的に自らが紛争の当事者だと認めたことを意味する。6年間彼らが主張してきたような仲介者ではなく、紛争当事者である」と指摘した。

同氏は、12月9日には、パリ合意(パリで開催されたノルマンディ4国首脳会談での合意)採択から、1年が経過することから、協議を活性化しなければならないとし、「そして、不履行に罪があるのは誰かという質問をしなければならない」と発言した。

同氏はまた、「私は、ドイツ、フランス、そして非公式ながらも実質的な米国の新政権からの強力なサポートがあることから、その罪は直接、ウラジーミル・プーチンにあるということになるかもしれない。彼に罪はもともとあったのだが、そのことについての公式な確認が行われることになる、という意味だ」と発言した。

なお、これに先立ち、クラウチュークTCGウクライナ代表は、ウクライナはTCGのために「共同行動計画」を作成したと発表していた。同代表は、同計画には、2021年3月31日の地方選挙実施の条件作りのための完全な紛争停止、CADLOの武装解除といった提案が含まれていると述べていた。

また、11月13日、ノルマンディ4国(独仏宇露)首脳補佐官級会合でも、この「共同行動計画」が議論されたと発表されている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-