保健相、都市封鎖実施の条件に言及

保健相、都市封鎖実施の条件に言及

ウクルインフォルム
新型コロナウイルスの1日の感染者が2万5000から3万となり、医療崩壊の危機に近づいた際には、政府は都市封鎖(ロックダウン)を導入する可能性がある。

23日、ステパノウ保健相がICTV局番組出演中に発言した。

ステパノウ氏は、「完全都市封鎖について話をする時に私たちが参照している数字は、私たちの医療体制の稼働率のみである。現在の変動と、入院している感染者の数からすると、それ(完全都市封鎖)は、2万5000人から3万人までに起こり得ると言うことができる。私たちの現在の計算では、そのような場合、医療体制の稼働率は、75〜80%以上となる。それは、深刻な脅威となる」と発言した。

同氏は、それは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者用病床の数の問題であり、病床使用率は現在52%、約5万4000台の病床の内2万7792台が使用されていると説明した。同時に同氏は、COVID-19患者用病床は、常に増やされ続けていると指摘した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-