バイデン氏はウクライナの汚職対策改革を支援するだろう=米紙

バイデン氏はウクライナの汚職対策改革を支援するだろう=米紙

ウクルインフォルム
米大統領選挙にて当選を確実にしたバイデン氏は、大統領に就任したら、ウクライナの汚職対策改革問題にてゼレンシキー大統領の立場を強化する行動を取る可能性がある。

米ワシントンポスト紙が社説を掲載した

同紙は、バイデン氏が取り得る行動の一つがウクライナ憲法裁判所において、疑惑の判決を下した裁判官に対する制裁の準備であると説明した。そのような事例には、マグニツキー法が当該人物への査証発給停止と資産凍結を定めていると指摘した。

記事には、「バイデン氏の司法局は、ドミトロー・フィルタシュやイーホル・コロモイシキーといった、改革妨害やロシアの利益を推し進める上で重要な役割を担ってきたウクライナの重要なオリガルヒ(大富豪)に対する汚職犯罪刑事捜査を進める努力が再開されるかもしれない」と書かれている。

更に同紙は、バイデン氏の最初の外政イニシアティブの一つは、トランプ政権が破壊した米国とウクライナの政治的同盟の復活であるべきだと主張した。

同社説では、トランプ氏が、プーチン露大統領ではなくウクライナが2016年の米大統領選挙に介入したという偽情報を拡散したことが喚起されている他、トランプ氏は更に2019年にウクライナ政権に対してバイデン氏に対する政治的動機での捜査を開始するよう要求しつつ、対ウクライナ軍事支援とゼレンシキー氏のワシントン訪問を遅らせたことが指摘されている。

同紙は、他方でバイデン氏は「米国におけるウクライナの最良の友人の一人だ」と指摘し、バイデン氏が米副大統領だった際にウクライナを5回訪問し、ウクライナのロシア侵略と汚職との闘いを断固として支持していたことを喚起した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-