ウクライナは被拘束者相互解放に向け露側に11名のリストを渡した=TCG代表

ウクライナは被拘束者相互解放に向け露側に11名のリストを渡した=TCG代表

ウクルインフォルム
ウクライナ側は、年内の被拘束者相互解放実現に向けて、ロシア側に11名の解放対象者リストを渡した。

クラウチューク三者コンタクト・グループ(TCG)ウクライナ代表(ウクライナ初代大統領)がニュースサイト「フロマツィケ」へのインタビュー時に発言した

クラウチューク氏は、「私たちは、11名の文書を出した。彼らは完全に準備ができている。私たちは、ドネツィク・ルハンシク両州一部地域側からの同様の提出を待っている」と発言した。

同氏は、ウクライナの最終目的は全員対全員の被拘束者交換だと指摘した。

なお、前回ウクライナ政府側とロシア武装集団側での被拘束者相互解放が行われたのは、本年4月16日であり、20名のウクライナ国民がウクライナ政府管理地域に解放されている。その際、ロシア武装集団側は、ウクライナ政府側から14名が引き渡されたと発表していた。

なお、TCGウクライナ代表団は、本年12月24日まで被拘束者交換を行うことを提案している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-