外相、クリミア・タタール民族代表とクリミア・プラットフォーム創設を協議

外相、クリミア・タタール民族代表とクリミア・プラットフォーム創設を協議

写真
ウクルインフォルム
クレーバ外相は12日、クリミア・タタール民族代表機関「メジュリス」の代表者たちと会談し、クリミア・プラットフォームの創設とクリミア脱占領問題について協議を行なった。

外務省広報室が公表した

外務省側からはクレーバ外相、ジャパロヴァ外務第一次官、メジュリス側からはジェミレフ民族指導者、チュバロフ・メジュリス代表などが参加した。

発表によれば、クレーバ外相は、「私たちは、共通の視点と、信じていることを行う決断力を持っている。私たち、ウクライナが、クリミア脱占領を前に推し進めなければ、世界の誰も私たちのために行動することはない」と発言した。

ドミトロー・クレーバ外相
ドミトロー・クレーバ外相

外相はまた、ニカラグアによるウクライナ国内法と国際法に反する、いわゆる「名誉領事」を一時的被占領下クリミアに任命するという非友好的行動に対して、ウクライナは断固とした対応をとると明言した。

外相は、「ウクライナは、初めてセクター別制裁を科す。それは、他者が類似の行動を行うのを抑制させる明確なシグナルである」と発言した。

メジュリスの代表者たちは、ウクライナ外務省のクリミア・プラットフォーム創設のイニシアティブを肯定的に評価し、同プラットフォームは、クリミア脱占領に向けた国際社会の努力をまとめる場になるものだと指摘した上で、メジュリスも積極的に関与していくと伝えた。

クレーバ外相は、クリミア・プラットフォームの創設にはゼレンシキー大統領の関与、国家安全保障国防会議(NSDC)と一時的被占領地再統合問題省の努力があったと指摘しつつ、今後の最高会議との連携への期待も表明した。

ムスタファ・ジェミレフ氏
ムスタファ・ジェミレフ氏

ジェミレフ氏は、同プラットフォーム創設の重要性とタイミングの良さを指摘した。チュバロフ氏は、2021年5月に同プラットフォームがうまく活動をスタートできることへの期待を示すとともに、本件につきメジュリスは外務省やその他政府機関と積極的に連携していくと明言した。

レファト・
レファト・チュバロフ氏

写真:外務省


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-