統一地方選挙と同時実施の世論調査の実施費用は与党が拠出=人民奉仕者党発表

統一地方選挙と同時実施の世論調査の実施費用は与党が拠出=人民奉仕者党発表

ウクルインフォルム
10月25日の統一地方選挙投票日に予定されている、大統領主導の全国世論調査は、与党「人民奉仕者党」が実施費用を拠出する。

21日、人民奉仕者党がフェイスブック・アカウントにて発表した

声明には、「ウクライナ大統領からの5つの質問について。誰がこの調査の資金を出すか? 人民奉仕者党が拠出することを正式に回答する。10月20日の党最高理事会の会合にて、決定が下された」と書かれている。

同党は、本件は合法だと強調した。

声明には、「人民奉仕者党は、自分たちでは調査を実施せず、世論調査を実施している企業と契約する。調査を行う国民は、投票所の外に滞在する。実質的には、それは世界で受け入れられている出口調査のフォーマットとなる。10月25日、このフォーマットで他党の発注でも調査が行われる」と説明されている。

また、同党は、その調査は政党の宣伝ではないと主張した。

同党は、「調査時、政党のシンボルは使われず、人民奉仕者党や個別の候補者への投票呼びかけも一切行われない。党員、同党からの地方議会議員候補者、候補者代表者は、調査実施の活動をせず、投票日に国民と直接対話することもない」と発表した。

声明には、本件は同党の公約である、直接的民主主義発展の延長線上にあるものだと主張した。

同党は、今回の世論調査に関連する支出は全て、同党が国家汚職防止庁(NAPC)に提出する報告書に反映されると説明し、「納税者の税金ではないことを強調する。2020年、人民奉仕者党は、助成金を断っており、同資金をCOVID-19の闘いのために渡している」と強調した。

これに先立ち、ゼレンシキー大統領は13日、10月25日の地方選挙投票日に5つの重要な質問を投票所で行うと発表していた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-