報道調査団体、地方選挙前の「注文された記事」を分析

報道調査団体、地方選挙前の「注文された記事」を分析

ウクルインフォルム
報道モニター活動を行っている市民団体「マス情報研究所」は20日、ウクライナの地方選挙期間中、国内20の地域のオンラインメディアにおいて、「発注された記事」の分析結果を発表した。

マス情報研究所が分析結果を公開した

発表には、「政治的発注の徴候のある肯定的内容かつ宣伝であることが示されていない報道の内、全体の26%が地域の政党に関するものであった。その次に多かったのは、Ze!チーム/人民奉仕者党(編集注:大統領系与党)で20.5%。3番目が『未来のため』党で11.5%であった」と書かれている。

これに続き、野党プラットフォーム生活党(野党生活党)が8%、祖国党が7%、欧州連帯党が5%、急進党が1%、その他が21%であったという。

また、注文されたと見られる政治的報道の13%には、偽情報や情報操作が含まれていたと指摘されている。

発表には、「偽情報と情報操作の数が最も多かったのは、ドニプロ市のオンラインメディア(15件の偽情報・情報操作)。スーミ市が11件、ウジホロド市、テルノーピリ市、ハルキウ市が10件ずつ、ミコライウ市8件、ザポリッジャ市とリヴィウ市が7件ずつであった」と書かれている。

また偽情報の50%は、数字、データの改ざんに関係するものであり、17%が対抗候補に対する不確かな情報(ブラックPR)、13%が事実に反する情報・評価、更に13%が世論調査を使った印象操作、7%が「匿名専門家」による印象操作的な発言であったと説明されている。

また、注文されたと見られる報道の19%は、対抗候補に対するカウンター宣伝(ブラックPR)であったとのこと。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-