大統領、年次教書演説でドンバス問題に言及

大統領、年次教書演説でドンバス問題に言及

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は20日、最高会議(国会)にて年次教書演説を実施し、ウクライナ内外政の状況につき、これまでの活動の成果と今後の政策の実施計画について説明した。

ウクルインフォルムの記者が伝えた。

ドンバス情勢に関して、ゼレンシキー大統領は、7月末に発効した停戦がすでに86日続いていると喚起し、理想的ではなく、違反もあるが、攻撃数も被害も著しく減少したと強調し、「地元住民が、停戦のニュースは聞いていないが、静寂そのものは感じていると述べている。それは希望を与えるものだ」と発言した。

また、被拘束者解放について、自身が大統領になってから136名をすでに帰還させることができたと述べ、自身にとっては「人」が最上級の価値であると強調した。

大統領は、ドンバス戦争終結、平和、人々の帰還と領土の返還は、自身の活動計画における最重要項目だと述べた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-