G7の枠組みを維持するということが極めて重要=日本大使

G7の枠組みを維持するということが極めて重要=日本大使

ウクルインフォルム
トランプ大統領によるロシアのG7回帰案に対する、日本の立場は明確で、「G7の枠組みを維持するということが極めて重要」というものである。

倉井高志駐ウクライナ日本国大使がウクルインフォルムへのインタビュー時に発言した

記者から、トランプ米大統領によるロシアをG7に戻すとの案を、日本政府はどのように考えているかと質問されると、倉井大使は「トランプ大統領は、去年ですか、G8という話をされて、その後、比較的最近になって、ロシアだけではなく更に他の国も入れて、と発言されていました。日本としての立場は極めて明確で、G7の枠組みを維持するということが極めて重要である、ということ。この一言ですね」と回答した。

また倉井大使は、日本の対露制裁について質問されると、G7の連帯を重視すると指摘した。大使は、「対露制裁については、我々は、G7の連帯を重視しています。これまで何度も様々なところでお話ししていますけれども、制裁を続けるというのは、ロシアによるミンスク諸合意におけるコミットメントの完全な履行、それとウクライナの主権の尊重と関連付けられていることを確認しています」と発言した。

大使は、クリミア関連制裁については「クリミアについても、G7の連帯を重視している」と回答した。

なお、日本政府は、2014年のロシア連邦によるウクライナ領クリミアの占領とウクライナ東部の不安定化を受けて、G7で連帯する形でロシアに対して複数制裁を発動し、今日まで維持している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-