露、MH17事件の諮問グループを離脱 オランダは遺憾表明

露、MH17事件の諮問グループを離脱 オランダは遺憾表明

ウクルインフォルム
ロシア連邦は、2014年のドンバス上空におけるマレーシア航空MH17機撃墜事件捜査に関するオーストラリアとオランダとの三者諮問グループにつき、今後参加はできないと発表した。

15日、ロシア連邦外務省が声明を公表した

ロシア政権は、三者諮問が破綻した席には、オランダ側にあるとしている。

とりわけ、ロシアは、オランダが7月に欧州人権裁判所に対して、MH17機撃墜に関連した訴訟を提出したことを喚起しており、「そのようなオランダの非友好的行為は、三者諮問を継続すること、私たちのそれへの参加を続けることをの意味を失わせるものだ」と指摘している。

ロシアは、オランダ政権がMH17事件の捜査の一環で、「事件遺族の権利保護の必要性ででもって、恥知らずに隠蔽する形で」自らの政治的利益を擁護しているとコメントした。

このロシアの離脱に対して、オランダのブロック外相は、ツイッター・アカウントにて、遺憾の意を表明した

ブロック外相は、「ロシア連邦は、MH17機事件の協議を停止するという一方的決定を採択したことを通達した。オランダは、そのようなロシアの決定につき、深く遺憾に思う。特に、事件の遺族につき痛みを感じる」と伝えた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-