ウクライナはコロナ対策で完全封鎖はできない=保健相

ウクライナはコロナ対策で完全封鎖はできない=保健相

ウクルインフォルム
ウクライナは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策で、国の完全封鎖を行うことはできない。

8日、マクシム・ステパノウ保健相が記者会見時に発言した。

ステパノウ大臣は、「感染者増加により14日間の完全封鎖を導入したイスラエルや、欧州の複数国家が取ったような手段は、私たちは現在採用することができない」と発言した。

大臣は、感染の連鎖を断ち切らねばならないとしつつ、基本的な防疫ルールを守らなければ、医療システムは負荷に耐えられなくなると指摘し、他方で、厳しい制限措置の導入は経済に悪影響を及ぼすと発言した。

大臣はその上で、医療システムと経済の活動を両立させるために専門家に相談していくと述べ、「経済が機能しなければならない。人々が仕事に行き、給与を得なければならない。私たちはバランスを見つけなければならない」と発言した。

なお、10月8日、ウクライナ国内の前日の新型コロナウイルス感染(COVID-19)新規確認事例は二日連続過去最多となる5397件だと発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-