ゼレンシキー大統領、ミコライウ市でG7大使と会談 国内改革を協議

ゼレンシキー大統領、ミコライウ市でG7大使と会談 国内改革を協議

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は23日、南部ミコライウ市にて、G7大使(G7大使ウクライナ・サポート・グループ)と会談した。

大統領府広報室が伝えた

発表によれば、ゼレンシキー大統領は、「あなた方の国や欧州連合(EU)からのサポートは、ウクライナにとって重要だ。そのため、あなた方の声を聞き、政治生活や今後の国の変革の戦略についての見方を共有すべく、この対話を常に維持したく思う」と発言した。

大統領は、多国間共同軍事演習「ジョイント・エフォート2020」が実施されている中でこの会合が開けることを嬉しく思うとし、ウクライナが高次機会パートナー(EOP)地位を獲得した文脈でそれは特に重要だと指摘した。

大統領は、重要国内改革の状況と展望、汚職対策機関と中央銀行をめぐる状況、地方選挙の準備を報告した。

また、大統領は、「欧州の選択は私たちの国にとって不変である。その選択こそが、ウクライナの政治的、経済的変革の議題を形成している」として、国の方針に変化のないことを明言した。

大統領は、経済問題に関して、政権はウクライナのダイナミックかつ持続可能な発展、雇用創出、インフラ近代化、産業・製造基盤、投資誘致の基礎を固めたいと思っていると発言した。

また大統領は、中央銀行の独立を維持するとの立場に立っており、銀行分野の改革継続に注意を向けていると発言した。

更に、大統領は、汚職対策機関の独立も同様に重要であるとし、自らは、特別汚職対策検察(SAP)と国家汚職対策局(NABU)をはじめとする全ての汚職対策機関の長官職の選考委員会メンバー選出と選考そのものの全ての手続きが、法に従い、透明かつ市民社会のコントロールの下で行われるべきだと考えていると発言した。

大統領は、「憲法保証者として、私は、SAP、NABU、高等反汚職裁判所の活動の独立と透明性を全面的に防衛し、保障する準備がある。同時に、これら機関の効果的業務を見たいというウクライナ国民の権利の保障も要求していく」と発言した。

なお、23日、ゼレンシキー大統領は、多国間共同軍事演習「ジョイント・エフォート2020」の視察をすべく、ミコライウ州を訪れていた。

これに先立ち、17日、最高会議は、特別汚職対策検察(SAP)長の選考委員会の代表者を決定する決議を採択していた。これを受け、在ウクライナ米大使館と在ウクライナEU代表部は、同委員会の活動に今後の米国のサポートは左右されると発表している

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-