ゼレンシキー大統領「ウクライナとロシアの『関係』について話すのは時期尚早」

ゼレンシキー大統領「ウクライナとロシアの『関係』について話すのは時期尚早」

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は15日、ロシアがクリミアを違法に併合し、ドンバス戦争が始まったことにより、ウクライナ・ロシア間の「関係」は意味を失ったと発言した。

ゼレンシキー大統領が、ウィーン訪問時にファン・デア・ベレン・オーストリア大統領との共同記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの特派員が伝えた。

ゼレンシキー大統領は、「あなたの質問の中に『(ロシア連邦と)どのような関係か』というものがあった。残念ながら、ロシアがクリミアを違法に併合し、国の東部で戦争が始まってから、私たちはその言葉とその意味を失っている」と発言した。

大統領は、それ以前はウクライナとロシアの間には「素晴らしい関係」があり、両国は「いつも、兄弟姉妹だと述べていた」と指摘した。

その上で、大統領は、「しかし、現在1万4000人の死者が出ており、現在私たちの独立した国の領土が二つ不在である。そのため、私は現状、私たちの間のその言葉を見いだせていない。しかし、私はあなた方にはっきりと言いたい。私たちは話を始め、それにより何らかの形で停戦をもたらした。そう、停戦は思っていたより困難だが、それは存在する。また、私たちは、140名の被拘束者を帰還させた。私は、それが対話の始まりだと思っている。しかし、関係について言及するには、思うに、まだかなり時期尚早である」と発言した。

なお、ゼレンシキー大統領は、15、16日、オーストリアを公式訪問している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-