「ミンスク諸合意が履行される可能性はない」=クラウチュークTCG宇代表

「ミンスク諸合意が履行される可能性はない」=クラウチュークTCG宇代表

ウクルインフォルム
ウクライナ、ロシア、欧州安全保障協力機構(OSCE)からなる三者コンタクト・グループ(TCG)にてウクライナ代表を務めるレオニード・クラウチューク元大統領は、ミンスク諸合意が履行される可能性はないと述べ、現状の出口は、ドイツ、フランス、ウクライナ、ロシアの4国からなるノルマンディ・フォーマットを通じて模索すべきだとの考えを示した。

クラウチューク氏がラジオNVへのインタビュー時に発言した

クラウチューク氏は、ドンバスでの選挙実施の順序に関してウクライナとロシア連邦の立場が異なることから、ミンスク諸合意履行は不可能であると発言した。

同氏は、「私たちは今、かなり難しい状況にある。ミンスク諸合意はある。しかし、その諸合意は、よくわかっている理由により、履可能性はない。更に、それら合意が署名された時には既に、それらが履行されることはないことはわかっていたのだ。しかし、国際合意に従えば、そのような合意は片側が無効化することはできない。ノルマンディ・フォーマットを通じた出口の模索が必要である」と発言した。

同氏は、(ベルリンにおける)11日のノルマンディ4国首脳補佐官級会合の後、同4国の首脳会談が開催されることへの期待を表明した。

なお、11日、ベルリンにてノルマンディ4国首脳補佐官級会合が開催された。出席したイェルマーク氏は、会合の主要な結果は停戦が継続されることだと発言しつつ、同時にノルマンディ4国首脳会談の開催日には合意できなかったと伝えた


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-