EUはケルチ橋建設関連の対露制裁も拡大する=記者

EUはケルチ橋建設関連の対露制裁も拡大する=記者

ウクルインフォルム
欧州連合(EU)は、ロシア領と被占領下ウクライナ領クリミアを結ぶ通称ケルチ橋の建設に関与した15名の個人と複数法人に対して、近々制裁を発動する。

ラジオ・リバティー通信のリカルド・ヨズヴャク記者がツイッター・アカウントに書き込んだ

ヨズヴャク記者は、「EU大使たちは、ウクライナの領土一体性を弱体化させたとみなされている175名の個人と44の法人に対する制裁の6か月間の延長を採択した」と伝えると同時に「近々約15名の個人と複数の法人が、ケルチ橋の建設によってこの(編集注:対露制裁)リストに加えられる」と書き込んだ。

なお、ロシアは、2016年2月にケルチ海峡城にて、被占領下クリミアとロシア領クラスノダール地方を結ぶ19キロメートルの橋の建設を開始し、2018年5月には橋の自動車道部分が完成したと発表していた。これに対して、ウクライナは、2018年2月、ウクライナは、ロシアによる国連海洋法条約(UNCLOS)違反に関する覚書をハーグの国際仲裁裁判所に送付している。覚書には、とりわけケルチ橋の建設、ケルチ海峡の航行の自由の制限、橋の建設によりアゾフ海への大型船の移動が実質的に不可能となっていることなどの違反が指摘されている。

2019年、欧州理事会は、ケルチ橋建設に関わった6のロシア企業に対して制裁を発動している。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-