ゼレンシキー大統領、ユダヤ・フォーラムにてウクライナはあらゆる信仰を尊重すると発言

ゼレンシキー大統領、ユダヤ・フォーラムにてウクライナはあらゆる信仰を尊重すると発言

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は8日、ウクライナは常に、あらゆる宗教の信仰を尊重するオープンな国であったと発言した。

ゼレンシキー大統領が、同日開催されたキーウ(キエフ)・ユダヤ・フォーラムへ向けた動画メッセージの中で発言した。ウクルインフォルムが伝えた

ゼレンシキー大統領は、「ウクライナは常に、あらゆる宗教の信仰を尊重するオープンな国であった。多くのウクライナ人が、『諸国民の中の正義の人』の称号(編集注:ナチス・ドイツによるホロコーストからユダヤ人を守った非ユダヤ人への称号)を有しているのだ」と発言した。

大統領はまた、最近、ロシュ・ハシャナ(新年祭)、ペサハ(過越祭)、ハヌカーといったユダヤ教の祝日に国家祝日のステータスを付与する大統領令に署名したことを喚起し、「私たち皆にとって、全ての民族、宗教に対する寛容と尊敬を伸ばしつつ、外国人嫌悪、不寛容、反ユダヤ主義を看過しないために、一緒に仕事をすることが重要だ」と発言した。

その他、大統領は、過去の犯罪や残虐行為も忘れてはならないとし、同じことを二度と繰り返さないためには、若者たちがそのことを知らなければならないと強調した。大統領は、「ユダヤ連合の『私の町の正義の人』という名の素晴らしいイニシアティブを指摘したい。それは、自らの命を危険に晒しながらも、第二次世界大戦時にユダヤ人を救ったウクライナ人を記憶するものである。その人々は、全ての次の世代の模範なのだ」と発言した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-