「ウクライナへの出国はEU側のビザがなかったからだろう」=ベラルーシ調整評議会メンバー

「ウクライナへの出国はEU側のビザがなかったからだろう」=ベラルーシ調整評議会メンバー

写真
ウクルインフォルム
8日にベラルーシ当局から強制的に出国させられた野党勢力「調整評議会」メンバーであるアントン・ロドネンコフ氏とイヴァン・クラフツォフ氏は、自身らがウクライナ側へ出国させられたのは、自身らがシェンゲン圏のビザ(査証)を有していなかったからだろうとの見方を示した。

8日、ロドネンコフ氏とクラフツォフ氏がキーウ(キエフ)市内のウクルインフォルムでの記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

記者から、なぜウクライナへと出国させられたのだと思うかと尋ねると、ロドネンコフ氏は、「(編集注:どの国へ向かうかにつき)実は議論があった。私は、シェンゲン・ビザがあるか聞かれた。しかし、私が持っていたのはエストニアのビザだけだったので、ポーランドにもリトアニアにも行くことができないし、更にはコロナウイルスの問題もある。それで、おそらくベラルーシの特殊機関職員にとって、最善の案がウクライナだったのだろう。私とイヴァンをポーランドにもリトアニアにも送ることができなかったのだ」と発言した。

同氏はまた、ベラルーシの特殊機関は私たちをEUへと送ることで「西側がベラルーシの情勢を不安定化している」と示したがっていたのだと思うとしつつ、しかし彼らはその計画を実現できなかったのだと発言した。

これに先立ち、7日、野党勢力「調整評議会」メンバーのコレスニコヴァ氏らがミンスク市内で正体不明の人物により拉致されたとの目撃情報が伝えられていた。その後、8日朝、ウクライナ国境警備庁は、ロドネンコフ氏とクラフツォフ氏の2名のみウクライナ国境検問地点に到着したことを伝えた。同時に、ベラルーシ国境警備委員会は、ウクライナ・ベラルーシ国境地点にてコレスニコヴァ氏を拘束したと発表していた。

写真:アナトリー・シリク、パウロ・バフムート/ウクルインフォルム


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-