ベラルーシ野党勢力指導者チハノフスカヤ氏、コレニスニコヴァ氏の即時解放を要求

ベラルーシ野党勢力指導者チハノフスカヤ氏、コレニスニコヴァ氏の即時解放を要求

ウクルインフォルム
ベラルーシ大統領選挙の有力候補スヴェトラナ・チハノフスカヤ(シヴャトラナ・ツィハノウスカヤ)氏は、ベラルーシ政権に対して、拘束されている調整評議会幹部のマリヤ・コレスニコヴァ(マルイヤ・カレスニカヴァ)氏らの速やかな解放を要求した。

8日、チハノフスカヤ氏がテレグラム・チャンネルにて伝えた

チハノフスカヤ氏は、「マリヤ・コレスニコヴァ氏は、これまでに拘束された調整評議会メンバーや、政治囚同様、速やかに解放されねばならない。調整評議会の課題は、協議のためのプラットフォームになることだ。それ以外の解決はない」と発言した。

チハノフスカヤ氏はまた、アレクサンドル・ルカシェンコ氏もそのこと(編集注:協議の必要)を認識せねばならず、国民を人質にとってはならないとしつつ、白昼堂々人々を拉致することにより、ルカシェンコ氏は自らの弱さと恐れを示していると指摘した。

これに先立ち、7日、野党勢力指導者のコレスニコヴァ氏ら数名がミンスク市内で正体不明の人物により拉致されたとの目撃情報が伝えられていた。その後、8日朝、ベラルーシ国境警備委員会は、ウクライナ・ベラルーシ国境地点にてコレスニコヴァ氏を拘束したと発表した。同時に、ウクライナ国境警備庁は、コレスニコヴァ氏と同じく行方が不明だったロドネンコフ氏とクラフツォフ氏の2名のみウクライナ国境検問地点に到着したことを伝えている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-