「コレスニコヴァ氏は強制的にベラルーシを退去させられそうになった」=ウクライナ内務次官

「コレスニコヴァ氏は強制的にベラルーシを退去させられそうになった」=ウクライナ内務次官

ウクルインフォルム
ウクライナのアントン・ヘラシチェンコ内務次官は、ベラルーシ野党勢力「調整評議会」幹部のマリヤ・コレスニコヴァ(マルイヤ・カレスニカヴァ)はベラルーシ領に残っており、他2名のみ同国を出国したと発言した。

ヘラシチェンコ内務次官がフェイスブック・アカウントに書き込んだ

ヘラシチェンコ氏は、「ルカシェンコ独裁体制に反対する野党代表者A.ロドネンコフ氏とI.クラフツォフ氏のウクライナ国境越境についての公式情報は、国境警備庁ウェブサイトにある(編集注:同ウェブサイトには、両者がウクライナへの入国手続をしていると書かれている)。私から加えるとすれば、それは自発的な出国ではなかったということだ。それは、祖国からの暴力的追放であった。マリヤ・コレスニコヴァ氏は、ベラルーシから追放できなかった。なぜなら、その勇敢な女性は自らの国境越境を不可能にする行動をとったからだ。彼女はベラルーシ領に残った」と書き込んだ。

これに先立ち、ウクライナ国境警備庁は、ウクライナの国境検問地点に到着したのは、ロドネンコフ氏とクラフツォフ氏だけで、コレスニコヴァ氏は到着していないとウクルインフォルムに伝えていた

写真:Getty Images


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-