クレーバ外相、ラヴロフ露外相とドンバス情勢につき緊急電話会談を実施

クレーバ外相、ラヴロフ露外相とドンバス情勢につき緊急電話会談を実施

ウクルインフォルム
ドミトロー・クレーバ外相は6日、同日のドンバス地方における占領軍側からの砲撃にて、ウクライナ軍人から死傷者が出たことにつき、ロシア連邦のセルゲイ・ラヴロフ外相と緊急の電話会談を行った。

6日、クレーバ外相がフェイスブック・アカウントにて報告した

外相は、同日の統一部隊作戦圏での死傷者を出した違法武装集団による攻撃につき、「停戦体制破綻、平和的情勢解決プロセス全体にとっての決定的障害を作り出そうとするはっきりとした試み」だと指摘した。

外相はまた、ウクライナは、停戦体制の無条件かつ一貫した遵守を支持しているとし、「平和とウクライナ領脱占領下への道は、いばらの道だが、しかしそれは武器が沈黙をした時に始まるのだ」と発言した。

外相は続けて、ウクライナは、7月22日付三者コンタクト・グループ(TCG)合意により定められている緊急方策を実施したとし、具体的には、共同管理調整センター(JCCC)の支援の下での停戦違反対応調整メカニズムの速やかな利用と、欧州安保協力機構(OSCE)特別監視団(SMM)への事件の報告を行ったと伝えた。

更に外相は、自身はセルゲイ・ラヴロフ露外相と状況議論とその解決の道について協議するために緊急電話会談を行ったと伝えた。

これに先立ち、6日、ロシア占領軍からウクライナ統一部隊側に向けて、クラスノホリウカとプリチェピリウカの近郊にて攻撃が行われ、ウクライナ軍人が1名死亡、1名負傷したことが発表されていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-