クレーバ外相、露外相の「ベラルーシのウクライナ過激主義者」発言を「安い見世物」と指摘

クレーバ外相、露外相の「ベラルーシのウクライナ過激主義者」発言を「安い見世物」と指摘

ウクルインフォルム
ウクライナのクレーバ外相は2日、ウクライナはベラルーシに対して破壊的活動を一切してこなかったし、今後も行わないとしつつ、ロシア連邦が自国発の「グリーンメン(緑の人々)」を「ウクライナの過激主義者」として紹介するのは、「安い見世物だ」とコメントした。

クレーバ外相がフェイスブック・アカウントにコメントを掲載した

クレーバ外相は、「その馬鹿馬鹿しい話には、コメントすらしたくない。しかし、ロシアの偽情報との闘いの一環で、テーマ別で5点明確にしておく」と述べた。外相が書き込んだコメントは以下のとおり。

1:ウクライナがあたかもベラルーシの情勢不安定化のために同国に送ったとされる200名のウクライナ人過激主義者、そしてウクライナ国内の過激主義者養成キャンプというのは、私のロシアの同僚、セルゲイ・ラヴロフ氏にそのようなデータを提供した人物による病的ファンタジーの産物だ。

2:ウクライナは、ベラルーシに対する破壊的活動は、これまでも現在もこれからも展開することはない。

3:ロシアは反対に、ベラルーシに対して自国の「専門家」をいくらか派遣している(編集注:ロシアによるベラルーシ国営テレビへの人員提供を指していると思われる)し、更に派遣する準備もある。

4:ロシアが、ベラルーシにいる自国のグリーンメンをウクライナの過激主義者と紹介しようとしているのは、安っぽい、勝ち目のない見世物だ。

5:真実は、ことわざにあるように、「罪人は『罪人をとらえろ』と叫ぶ」。

また、ウクライナのボンダール外務次官は同日、フェイスブック・アカウントにて、「ウクライナに関するロシアの完全な嘘が、ベラルーシに向けて体系的に放送されている」と指摘した。次官は、「『ワグナー傭兵』はうまくいかなかった。今度はクレムリンは、ミンスクに、『コサック』やら『グリーンメン』やらを送ろうとしており、その責任を私たちに負わせようとしているのだ。うまくいくものか! 『罪人の帽子は燃える』のだ!」と書き込んだ。

これに先立ち、同日、ロシア連邦のラヴロフ外相は、ベラルーシ状況を不安定化させているのは「ウクライナで養成された200人の過激主義者」だと発言していた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-