ゼレンシキー大統領、ミンスク諸合意につき「代替計画はある」

ゼレンシキー大統領、ミンスク諸合意につき「代替計画はある」

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ロシア連邦のプーチン大統領との直接対話なくしてドンバス戦争の停止は達成できないとの見方を示し、またミンスク諸合意が結果をもたらさなかった場合の代替計画をウクライナは持っていると発言した。

25日、ユーロニュースがゼレンシキー大統領のインタビューを公開した

ゼレンシキー大統領は、「私は、ロシア大統領と停戦発効直前に話をした。私たちは、停戦維持の複雑な問題について協議した。今のところその対話の結果はある。私たちはそれを目にしている。そしてそれだけでは不十分だ。私は、ロシア大統領との直接対話を恐れていない。それは正しいことだと思う。私たちに対話の機会があり、その協議の結果が戦争停止を近づける可能性があるのなら、たとえ誰かが、あるいは、いずれかの地域が何らかの反応をしようと、対話は行われねばならない。対話なくして、結果はない」と発言した。

大統領はまた、ミンスク諸合意の結果に関連し、ウクライナには代わりとなる計画があると発言した。

大統領は、「私たちには、代替計画がある。しかし、ノルマンディ4国全てが支持するような真に効果的な計画というものは存在しない。他方で、時間はまだある。だから私は前進したい。もしそれでうまくいかなければ、その時私たちは別の案について考えよう」と発言した。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-