「ベラルーシの政権と社会は、まだ対話を始められる」=ゼレンシキー大統領

「ベラルーシの政権と社会は、まだ対話を始められる」=ゼレンシキー大統領

ウクルインフォルム
ゼレンシキー大統領は、ベラルーシの政権と社会は、流血の対立を避けるべく、対話を始めるべきだとの考えを示した。

25日、ユーロニュースがゼレンシキー大統領のインタビューを公開した

ゼレンシキー大統領は、「私は、ベラルーシの選挙に全く介入したくないし、そんなことはしない。ウクライナは介入しない。本件は彼らの国内情勢だ」と発言した。

同時に大統領は、「私は、2014年に私たちのところであったような出来事が、彼らのところで起こることは望まない」と述べた。

大統領は、「私は、ベラルーシ人が殺されること、あるいは他の何らかの、政府によって生じる深刻な流血が起こることを望まない。私は、そのようなことは望まない。私は、ベラルーシの民にそのようなシナリオが生じることは望まない。それが第一だ。もう一つ、私は、何らかの手段で情勢を解決するべく、政権と社会が対話を始めるにはまだ遅くないと思っている。結果が重要なのではない。対話とは、結果ではなく、結果に至る道である。その道が血塗られたものであってはならない」と発言した。

続けて大統領は、「第三に、私は、ウクライナ大統領としてではなく、正直に言う。私がアレクサンドル・ルカシェンコ氏の立場なら何をするか?(中略)私がどのように人々皆を安心させられると思う? 私はこう言う。『1か月後に新しい選挙だ。私は出馬する。出馬したい者は出馬せよ』と」と発言した。

大統領はまた再選挙には国際監視員も招待すると発言した。

その上で大統領は、「そうすると結果が出た後、誰も疑問を抱くことはないのだ。私はそう確信している。もしアレクサンドル・ルカシェンコ氏が勝つなら、彼が勝利者であり、他の人物が勝つなら、その者が勝利者なのだ。ただし、全てが平穏で、血の流れることなく、公正に行われる。そうすることで、それは歴史に刻まれるのだ」と発言した。

写真:TUT


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-