ウクライナ、インド、南アフリカ、フィリピンの国民を対象に電子ビザ発行へ

ウクライナ、インド、南アフリカ、フィリピンの国民を対象に電子ビザ発行へ

ウクルインフォルム
ウクライナ外務省は、8月14日からインド、南アフリカ、フィリピンの国民を対象に電子査証(eビザ)の発行を始める。

外務省広報室が発表した

外務省は、運用される電子査証は、ビジネス、私事、観光、治療、文化・科学・教育・スポーツ分野の活動実施、外国報道機関の活動を目的にして発行されるものだと伝えた。

外務省はまた、電子査証申請手続きを記すとともに、ウクライナへの入国には発行されたビザを印刷した上で、旅券とともに入国時に国境通過検問地点にて提示しなければならないと説明している。

なお、日本は、2005年にすでに査証免除対象国となっており、日本国民は180日間中90日を超えない範囲でのウクライナへの滞在あるいはトランジットの際、査証は必要ない。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2021 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-