米国、クリミアにおける露治安機関の家宅捜索・拘束事案に懸念表明

米国、クリミアにおける露治安機関の家宅捜索・拘束事案に懸念表明

ウクルインフォルム
米国は、7日未明に被占領下ウクライナ領クリミアにて、ロシア治安機関により複数家宅捜索が行なわれクリミア・タタール系住民が拘束されたことに懸念を表明した。

在ウクライナ米大使館がツイッター・アカウントにコメントを投稿した

大使館ツイートには、「私たちは、報告された今朝のクリミア・タタール人の捜索と拘束を深く懸念している。ロシアは、ウクライナの大地にてウクライナ人を嫌がらせをしたり拘束したりする権利を有していない。ロシアは、全てのウクライナ人政治囚を解放しなければならない。クリミアはウクライナである」と書かれている。

これに先立ち、7日、7日未明午前4時頃、ロシアにより占領されているウクライナ領クリミアの4地点、7つの民家にて家宅捜索が行なわれたことが報告され、すでに7名のクリミア・タタール人が拘束されたと伝えられている


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-