ロシアのドンバスとクリミアでの国民投票実施は同国に被害をもたらす=外務次官

ロシアのドンバスとクリミアでの国民投票実施は同国に被害をもたらす=外務次官

ウクルインフォルム
ロシア連邦の憲法改正を問う国民投票の際に、被占領下にあるドンバスやクリミアにて「投票」が組織されていることにつき、ウクライナは国際パートナー国にこれを非難するよう要請している。

ヴァシーリ・ボドナール外務次官がインターファクス・ウクライナ通信へのインタビュー時に発言した

ボドナール次官は、「ウクライナは、国際パートナーたちに、一時的被占領下にあるクリミア自治共和国、セヴァストーポリ市、ドネツィク・ルハンシク両州における『投票』組織を、ロシア連邦への制裁圧力強化という手段を含め、非難するよう要請した」と述べた。

次官は、同投票を巡る状況は、過去に侵略国であるロシアが被占領地にて実施した自称「選挙」を巡る状況と非常に似通っていると指摘した。

次官はまた、これまでの類似の「投票」への対応作業にて、ウクライナ外務省はパートナー国・同盟国との協力アルゴリズムを確立していると指摘しつつ、「被占領下にあるウクライナ領クリミアにおける投票組織、違法発給されたロシア連邦身分証明書の所有者の投票参加組織は、ロシア連邦にとって政治的・法的な被害をもたらすことになる」と強調した。

なお、ロシア連邦では、6月25日から同国憲法改正を問う国民投票が始まっている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-