ロシア捜査機関、クリミア・タタール系テレビ局副総裁の指名手配を発表

ロシア捜査機関、クリミア・タタール系テレビ局副総裁の指名手配を発表

ウクルインフォルム
ロシア連邦捜査委員会捜査総局はクリミア・タタール系テレビ局ATRの副総裁であるアイデル・ムジュダバイェフ氏に対する「テロリズム」の訴追を伝達し、同氏を国際指名手配すると発表した。

25日、ロシア連邦捜査委員会広報室が公表した

発表には、「彼は、インターネットを利用した、テロ活動実施の呼びかけとテロリズムの公の場での正当化にて訴追される」と書かれている。

ロシア捜査委員会はまた、ムジュダバイェフ氏は、「フェイスブックの自らの個人ページに、暴力行為実施と、オレフ・センツォフ氏との今後の交換を目的とした、ウクライナ領に滞在するロシア連邦国民の力を用いた拘束を呼びかける内容の文書を二つ投稿した」と伝えた。

これに対して、ムジュダバイェフ氏本人は、フェイスブック・アカウントにて、同訴追の発表を「明日6月26日のクリミア・タタール旗の日の前に、最高のプレゼントだ」と書き込んだ

同氏は、「クリミア・タタール人として、ウクライナ国民、ウクライナの愛国者として、ロシアのゲシュタポに対し、私の同国との闘いを高く評価したことにつき謝意を伝えたい。私が生きている限り、そして、ロシア占領者の軍靴がウクライナのクリミアとドンバスから出て行くまで、この闘いは続いていく」と書き込んだ。

これに先立ち、ドミトロー・クレーバ外相は、ロシアがムジュダバイェフ氏に対して刑事捜査を開始したことにつき、「政治的迫害だ」と指摘していた。

また、5月22日、ムジュダバイェフ氏は、自らがロシア連邦により正式にテロリストに認定されたと伝えていた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-