キーウ市長、防疫措置の再強化の可能性に言及

キーウ市長、防疫措置の再強化の可能性に言及

ウクルインフォルム
キーウ(キエフ)市行政府は、新型コロナウイルス感染(COVID-19)件数増加にともない、防疫措置の再強化の可能性を検討している。

26日、ヴィタリー・クリチコ・キーウ市長が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

クリチコ市長は、「ウイルスは退散していない。感染者数が増え続け、市内病院の利用可能な病床数が近日中に急激に減少する場合、私たちは、厳格な制限を再導入しなければならなくなる。それは、公共交通機関の運行を含む。そして、私たちはそのような決定採択に近づいている」と発言した。

市長は、キーウ市の感染状況は最近悪化しているとし、「ご覧の通り、毎日新規件数が増えている。しかし、私たちはビジネスが機能しなければならないこと、人々が収入を得なければならないこと、経済を引き上げる必要があることを理解しており、そのため、制限措置を緩和した。しかし、残念ながら、多くの市民が基本的な防疫ルールを無視し始めたのだ。人々は感染リスクの最も高い公共交通機関や公共の場でマスクをしていないし、距離も保っていないし、多くの人が集まっているのだ」と発言した。

なお、クリチコ市長は、キーウ市にて前日、新型コロナウイルス感染事例数が過去最多となる115件確認されたと発表している。26日朝9時時点で、キーウ市内の新型コロナウイルス感染事例数は、累計4724件となったことが発表されている。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-