キーウ市は防疫措置緩和の準備ができていない=ステパノウ保健相

キーウ市は防疫措置緩和の準備ができていない=ステパノウ保健相

ウクルインフォルム
マクシム・ステパノウ保健相は、23日時点でキーウ(キエフ)市は新型コロナウイルス対策として施行している防疫措置の第2緩和に移行する準備ができていないと発言した。同時に、大臣は、数日後に状況が変わる可能性はあるとも述べた。

23日、ステパノウ保健相が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

記者から、保健省の発表したデータとキーウ市の5月25日からの地下鉄運行再開について聞かれると、ステパノウ保健相は、5月20日の閣議決定を喚起しつつ、「この決定に従って、私たちは防疫措置の段階的脱出を行う。また、『適合防疫措置』を施行する。つまり、防疫措置は、地域ごとに異なるものとなる。防疫の内容は複数の指数で測る。一つ目の指数は、『発生率』である。これは、10万人あたりの過去7日間の感染者数である。この指数は非常にわかりやすく、どのような感染増加が起きているのか、防疫措置を緩和してい良いのかどうかを示すものである。この数字が平均で12となると、保健省が勧告し、政府が採択した抑制戦略に合致したことになる。今日の時点で、キーウ市はこの指数が12を超え、15となっている。そのため、言うまでもなく、今日の話をするならば、キーウ市が第2緩和へ移行することは不可能である。しかし、私は、状況が数日後に変わり、地域委員会で関連決定が採択され、変更が行われる可能性は排除しない」と発言した。

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-