G7大使、ウクライナとIMFの新プログラム合意を歓迎

G7大使、ウクライナとIMFの新プログラム合意を歓迎

ウクルインフォルム
ウクライナに駐在するG7各国大使は、ウクライナと国際通貨基金(IMF)が新しい支援プログラムに合意したことにつき歓迎のメッセージを発出した。

22日、G7大使ウクライナ・サポート・グループがツイッター・アカウントにメッセージを公開した

メッセージには、「G7大使は、ウクライナのマクロ経済安定性を支え、COVID-19危機の対策を助ける新しい支援プログラムに関し、ウクライナとIMFがスタッフ・レベルで合意したことを歓迎している」と書かれている。

これに先立ち、IMFが21日、IMFミッションとウクライナ政府が、総額50億米ドルのスタンドバイ方式での金融支援を行うことにつき暫定合意に達したことを発表していた

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-