「歩き回るのを止めるのだ」クリチコ・キーウ市長、市内の新型コロナ拡散につき市民に警告

「歩き回るのを止めるのだ」クリチコ・キーウ市長、市内の新型コロナ拡散につき市民に警告

ウクルインフォルム
過去24時間にキーウ(キエフ)市内で新型コロナウイルスに感染していることが確認された市民の半数は、最近国外渡航をしていない者。

1日、ヴィタリー・クリチコ市長が記者会見時に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

市長は、「過去24時間、陽性の確認されたキーウ市民の半数以上が、最近国外に渡航していない者たちだ。つまり、彼らはウクライナ国内で感染したということだ。それが意味することは、ウイルスが市内を這いずり回り、包囲しているということである」と発言した。

市長はまた、キーウ市内で過去24時間にCovid-19の確認されたのは25名であり、市内のCovid-19確認事例は合計132件となったと述べ、25名中12名が男性(23歳〜71歳)、12名が女性(21歳〜80歳)、1名が1歳強の幼児だと伝えた。また、その内15名が入院しているとのこと。

市長は、キーウ市行政府は、当時市民の多くが不満を表明する中、適時に制限措置を導入したと指摘し、「もし、私たちがその時にそれ(編集注:現在の制限措置)を施行していなかったら、今、防疫期間の様子は全く違ったものとなっていたであろう。私は、『脅威など信じない、私には関係ない』と述べている者皆に言う。歩き回るのを止めるのだ、あなたを救うための制限を無視するんじゃない」と強調した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-