「全ウクライナ・オンライン学校」4月6日に開校=ゼレンシキー大統領

「全ウクライナ・オンライン学校」4月6日に開校=ゼレンシキー大統領

動画
ウクルインフォルム
4月6日、学校の5年生から11年生の生徒のために、「全ウクライナ・オンライン学校」プロジェクトが始まる。それぞれの学年の11の科目がウクライナの各テレビにて視聴できる。

31日、ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領がツイッター・アカウントにて発表した

大統領は、「国家の課題は、各生徒たちの知識へのアクセスを確保することだ。その目的をもって、4月6日月曜日、『全ウクライナ・オンライン学校』プロジェクトをスタートする」と発言した。

大統領は、キーウ(キエフ)市の40名の教育専門家が防疫措置実施期間中に、ウクライナの全生徒たちの教師となると伝えた。

5年生から11年生の生徒たちは、11の科目を遠隔で勉強することが可能となるとのこと。

大統領によれば、毎朝10時、月曜から金曜まで、ウクライナのテレビ局によって授業が放送されるという。それぞれのテレビ局が担当する学年は以下のとおり。

5年生:プリュスプリュス局と112ウクライナ局

6年生:ズーム局とニューズワン局

7年生:ジーク局

8年生:インディホ局とウニアン通信

9年生:ラーダ局(最高会議専門チャンネル)とUA:クリトゥーラ(公共テレビ)

10年生:UA:ペールシー(公共テレビ)

11年生:M1局

ゼレンシキー大統領はまた、授業は教育科学省の公式サイト、フェイスブック、ユーチューブでも閲覧可能となると説明した。

大統領は、「親御さんたちへのお願いだ。授業の時間割を把握して、子供たちに授業を見るように促して欲しい。そして、家族みんなで発見のあるコンテンツを見て欲しい!家にいよう、家で学ぼう!」と呼びかけた。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-