ゼレンシキー大統領、G7大使と会談 今次政変は国家の方針に影響しないと明言

ゼレンシキー大統領、G7大使と会談 今次政変は国家の方針に影響しないと明言

ウクルインフォルム
ヴォロディーミル・ゼレンシキー大統領は5日、ポルタヴァ州訪問の際、同じく同州を訪れているG7各国大使・EU代表と会談した。大統領は、彼らに、国家の方針に変更はないことを明言した。

大統領府広報室が伝えた

発表には、「非公式な雰囲気の中、会談参加者たちは、ウクライナの今後の方針について協議した。とりわけ、大統領は、政府と最高会議が選んだ、ウクライナ国民の福祉、安全、権利・自由の保護を確保することと、国民に奉仕する強力な法治国家を作り出すことを目的とした政策実現の方針は不変であると強調した」と書かれている。

大統領はまた、内閣再編は行政の活動の結果を改善するためであり、宣言済みの内外政における優先課題に影響をもたらすものではないと強調したとのこと。

発表には、ゼレンシキー大統領がG7大使とEU代表に対して、ウクライナが選択した改革の道に対する実質的支援と政治的サポートにつき、謝意を伝えたと書かれている。

写真:大統領府


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-