汚職対策局長「自身解任に関心を抱いているのは、とある大富豪」

汚職対策局長「自身解任に関心を抱いているのは、とある大富豪」

ウクルインフォルム
アルテム・シートニク国家汚職対策局(NABU)局長は4日、自身の局長職からの解任に関心を抱いているのは、あるオリガルヒ(大富豪)だと発言した。

シートニクNABU局長が最高会議臨時会合でのNABU活動報告の際に発言した。ウクルインフォルムの記者が伝えた。

シートニク局長は、「部分的に本件は以下のように説明できる。議会近くで起きていることを見るといい。トラックが集まり、オリガルヒから支払いを受けている人々が集まっている。そのオリガルヒ自体は12億フリヴニャを盗み、今海外にいるのだ。この盗んだ金を国庫に戻す代わりに、NABU近く、議会近く、政府庁舎近くで集会を組織しているのだ。別の例を言えば、プリヴァト銀行に関する刑事捜査である。最近、検事総長がNABUの全ての捜査案件を集約し、その捜査は現在最終段階に来ている。分析不足によって、決定採択が多少おくれているだけだ。全ての集会をメディアを使ってサポートしているのがどのオリガルヒか、議会内で署名集めを組織しているのがどのオリガルヒか、あなた方皆、ご存知であろう」と発言した。

シートニク局長は、ウクルナフタ社捜査も関係していると発言した。

同局長は、「現在、同捜査において手続き上の同意が行われている。(中略)またしても、決定が近づく中で、私たちが過去5年間、類似の捜査を行なう中で感じてきた圧力が行なわれている」と説明した。


Let’s get started read our news at facebook messenger > > > Click here for subscribe

インターネット上の全ての掲載物の引用・使用は検索システムに対してオープンである一方、ukrinform.jpへのハイパーリンクは第一段落より上部にすることを義務付けています。加えて、外国マスメディアの報道の翻訳を引用する場合は、ukrinform.jp及びキャリー元マスメディアのウェブサイトにハイパーリンクを貼り付ける場合のみ可能です。オフライン・メディア、モバイル・アプリ、スマートTVでの引用・使用は、ウクルインフォルムからの書面上の許可を受け取った場合のみ認められます。「宣伝」と「PR」の印のついた記事、また、「発表」のページにある記事は、広告権にもとづいて発表されたものであり、その内容に関する責任は、宣伝主体が負っています。

© 2015-2020 Ukrinform. All rights reserved.

Website design Studio Laconica

詳細検索詳細検索を隠す
期間別:
-